評判の注文住宅会社ガイド【名古屋市緑区】 » 注文住宅購入前に知っておきたいこと » 注文住宅の工法の種類

公開日: |最終更新日時:

注文住宅の工法の種類

住宅にはさまざまな形があるように、その住宅を建てるための工法にも種類があります。住宅を知るには、その工法を知ることもとても大切です。ここでは、木造軸組工法、軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート(RC)造の3種類の工法について紹介していきます。

木造軸組工法とは?

木造軸組工法とは、日本古来の木造建築工法で、「在来工法」とも呼ばれます。日本国内ではメジャーな住宅工法で、住宅の約8割は木造軸組工法で作られています。

日本古来の住宅工法だけあって、日本家屋の良さをもっとも出しやすい工法です。そのため、古民家風のリフォームなどを行う場合も木造軸組工法が用いられています。

木造軸組工法のメリット

高い耐火性能

木造住宅の柱や梁は、火事になっても表面が炭化するのですぐに燃え尽きず、内部を守れます。そのため燃えてもかなりの長時間構造耐力を失わないのです。

設計に対する適応力が高い

木造軸組工法による住宅なら、狭い土地や複雑な形をした敷地でも柔軟な設計ができます。そのため、個性的な外装デザインや間取りの住まいを建てたい人に適しています。

木造軸組工法のデメリット

湿気対策が必要となる

木造軸組工法は木材を活かした工法です。そのため湿気が発生しやすく、対策を行わなければいけません。床下はもちろん、屋根裏が湿気により朽ちてしまう可能性があります。また、湿気と共に害虫による被害にも注意が必要です。

シロアリ(害虫)に弱い

木造住宅を建てる場合、シロアリによる被害を懸念される方も多いのではないでしょうか。従来の木造住宅の基礎は「布基礎」と呼ばれる地面と木造の基礎との間が露わになる造りでしたが、最近では「ベタ基礎」の方が一般的になったため、その心配はほぼないといえるでしょう。

しかし、木造住宅を建てる際に「布基礎」を採用しているようであれば注意が必要だといえます。基本的にはシロアリによる被害の影響は心配いりませんが、木造である以上害虫に弱いという特性はぬぐいきれません。そのため、事前に対策を考えておくことをおすすめします。

強度のためにデザインが不自由に

木造軸組工法は強度を維持するために、壁に筋交を入れるなどの工夫が必要となります。中心となる柱に対して強度を補うための柱を入れることで、強度が維持できるようになります。そのため広々とした大空間をつくることが難しく、開放的な空間をつくりたいと考えている方には不向きです。

軽量鉄骨造とは?

軽量鉄骨造は鉄骨系プレハブ工法の一つで、軽量な鉄骨を骨組みとした工法です。多くのハウスメーカーがこの工法を採用しており、豊富な商品ラインナップがあります。

素材となるのは6ミリ未満の細い柱や梁、プレースという筋交いで、組み方はおおむね木造軸組工法と同じです。

軽量鉄骨造のメリット

大きな空間や窓を確保できる

通常、大きな空間や窓を設置すると、その分壁や天井の強度が低くなってしまうので、場合によっては危険なことがあります。しかし、軽量鉄骨造なら素材自体の強度が高いため、自由度の高い設計が可能です。

屋内をスッキリした構造にできる

建物をしっかりと支えて強度を増すためには、各所に柱を設置する必要があります。しかし、柱を設置すると屋内が狭くなる、見通しが悪くなるといったデメリットがあります。その点、軽量鉄骨造なら細い素材でも強度を確保できるので、柱を減らしてスッキリした室内空間にすることができます。

軽量鉄骨造のデメリット

防錆対策が必須

鉄骨構造に利用する鉄骨は、錆に弱いという難点があります。そのため錆対策が必須となります。もちろん素材においても対策はされていますが、住みはじめるうちに細かな対策が必要となってしまうのは言うまでもないでしょう。

また、素材として結露が発生しやすく、どうしても劣化しやすいという点もあげられます。土地の状況や生活環境を踏まえ、慎重に素材は検討しましょう。

設計の自由度が低い

軽量鉄骨造は、多くのハウスメーカーが採用している工法です。短期間のうちに安定した品質の家を建てることを目的としているため、大量に家を建てやすいといったメリットがあります。一方ですべてが規格化されているため、構造上の自由を利かせることが難しいという難点があります。

見た目や構造に自由度を持たせたい場合には、ほかの構造を検討するのが良いでしょう。

耐火性が低い

「軽量鉄骨造」のデメリットのひとつとして挙げられるのが、耐火性の低さです。軽量鉄骨造で用いられる鋼材は熱による影響を受けやすく、火災が起きた際は住宅が倒壊するおそれがあります。しかし、耐火被覆材という補強材を使用していれば、耐火性を高めることができるので、あらかじめ住宅会社に確認しておくのが良いでしょう。

鉄筋コンクリート(RC)造とは?

一般住宅から高層ビルまで、幅広い建物に用いられている工法です。鉄骨の骨組みを型枠で囲み、コンクリートを流し込んで建物を構成します。

コンクリートと鉄筋の弱点を補い合うことで、強固な構造を確保しています。耐震性、耐火性が高いのが大きな特徴でしょう。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

設計の自由度が高い

鉄筋コンクリート(RC)造なら、型枠さえ完成すればさまざまな設計に対応可能です。そのため、建築家による変則的なデザインの建物や既存のスタイルに囚われない高級住宅を建てる際に有効な工法だと言えるでしょう。

耐久性、耐火性、防音性に優れる

鉄筋コンクリート(RC)造は強度に優れた住宅を作れます。耐久性、耐火性はもとより、防音性にも優れているので、楽器などの音を気にしなくてはいけない趣味を持っている人におすすめです。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

寒さや暑さに弱い

コンクリートという性質の特性上、冬は部屋が冷えやすく、夏は暑くなりやすいという特徴があります。見た目をお洒落に保つことができる一方で、暖房費や冷房費が高くなってしまうという懸念があります。壁に断熱材を含ませることができないため、温度調整が難しいことを理解し、工法として選択することが大切です。

価格相場が高い

素材の費用はもちろん、コンクリートを固める工期が必要となるため、ほかの工法と比較して工期が長くなります。そのため長くなる工期ぶんの費用が割増しとなり、結果として費用全体が高くなってしまいます。見た目のスマートさやデザイン性が高い一方で、価格が高くなることは仕方ないことだと認識しておきましょう。

それぞれの工法の特性を理解して選びましょう

ここでは、木造軸組工法、軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート(RC)造の3種類の工法について説明してきました。工法の違いによって適した住宅の種類や傾向が違ってきます。そのため、家を建てる際にはそれぞれの工法の特徴を把握した上で、自分が立てたい住まいに適した工法を選びましょう。

名古屋市緑区で注文住宅を建てられる工務店・ハウスメーカー
サイドバナー画像

愛知県の住みやすい街ランキングの上位にいる名古屋市緑区。治安がよく、暮らしやすい土地で注文住宅を建てるならまずはピックアップ3選をチェック

ピックアップ3選を確認したい