評判の注文住宅会社ガイド【名古屋市緑区】 » 注文住宅購入前に知っておきたいこと » 注文住宅で後悔しないために

注文住宅で後悔しないために

一生に一度の買い物と言われる家の購入。自分の思い描いた家を実現できる注文住宅の購入は、後悔したくないでしょう。ここでは注文住宅購入の後悔しないためにポイント別で紹介します。

後悔しやすい点を押さえる

注文住宅を建てた人が「ああすれば良かった」と思う、理由の一つは予算です。理想を叶えるために設備を追加して、どんどん予算が膨らみローンが大変なことに。逆に予算に慎重になりすぎて、味気ない造りになってしまう場合もあります。予算は高くても安くても、やり過ぎてしまうと後悔のもととなります。あらかじめ支払える予算の幅を決めることが大切です。

間取りで後悔しやすい点は、いざ生活を始めると部屋が大きすぎて掃除が面倒になったり、部屋を小さくしすぎて物が置けなくなったりなど。実際に住んでみて不便さに気づくことが多くあります。

また「コンセントや収納が少ない」「部屋の温度調整ができていない」「防音対策が十分ではなかった」など、注文住宅システムが活かせなかった後悔や、希望したつもりが業者に伝わっていなかったという不満も多いようです。

建てる前に注意すべき5つのポイント

1 まずは勉強!

注文住宅は業者と自分が一緒に建てるものだという意識をしっかり持ち、依頼先を探す前に家づくりの知識をある程度本やネット、パンフレットなどで入れておきましょう。自ずとどこの業者に頼むかというビジョンも見えてきますし、設計における決断も自信を持って行えるようになります。

2 イメージは明確に

まず自分はどんな家を建てたいのか、そこでどんな暮らしを送りたいのかをはっきり決めておきましょう。イメージがないまま勉強しても、そこにある情報に流されてしまい、かえって考えがまとまらなくなることがあります。

勉強することとどんな家に住みたいかイメージを明確にすること、両方をバランスよく考えることが大切です。

3 さまざまな家を見学する

頭の中だけで理想の家を考えたり図面だけで見たりではなく、実際に建っている家をたくさん見に行きましょう。設備や間取り、内装などの情報量の多さは実物の家が一番です。モデルハウスも勿論良いですが、注文住宅を建てた知人を訪問することができれば、実際に住んでいく上での有益な情報を得られます。

4 業者選びは慎重に

大手ハウスメーカーと地元の工務店にはそれぞれメリット・デメリットはありますが、大切なのは各業者が提供する家の個性や特徴が自分の希望に合うかどうかです。使用する木材をはじめ外装や内装のデザインなど、気になる業者を吟味して、複数から資料を取り寄せましょう。業者に見積りを依頼してじっくり選ぶことも大切です。

5 意見をしっかり伝える

自分でしっかりと選んだ業者でも、自分の希望や疑問点をちゃんと伝えられなければ理想の家はできません。家づくりはどの部分をとっても大切な決断となります。担当者に質問や意見を伝えて、納得のいくまで検討しましょう。ただしあまり無理を通すのは禁物。家を立てたあとも関係が続くことがあるので、無理を通し過ぎずに良好な関係を築きましょう。

自分の理想とする家を建てるために、時間や予算のために妥協しなければならない部分が出てきます。どこを抑えてどこを重要視するか、「自分の家」のイメージを持ち明確にすることが大切です。自分の希望する注文住宅の実現と後悔しないようしっかり準備しましょう。