評判の注文住宅会社ガイド【名古屋市緑区】 » 注文住宅購入前に知っておきたいこと » 資金計画の立て方

資金計画の立て方

名古屋市緑区で注文住宅を建てるにあたって、必要となる費用や住宅ローンについて説明しています。

ライフスタイルにあった資金計画

注文住宅を手に入れるために、必要となるのが資金計画です。

数千万円のお金を一括で支払える方なら不要ですが、多くの方は住宅ローンなどを利用して建築となります。

自己資金のなかからいくらを頭金にまわし、いくらを住宅ローンから借り入れ、いくらを月々返済していくのか。この資金計画をしっかりとしておかないと、のちのちトラブルになりかねません。

最悪のケースでは、せっかくの住まいを売りに出さなければいけないということもあります。

家を建てたり、購入したりする場合、忘れてはいけないのが必要なのは「本体価格だけではない」ということ。

カーテンや照明などの設備投資、インテリアの買い換え、引っ越し代などなど、実にさまざまな費用がかかってきます。

注文住宅購入総費用の内訳

  • 本体価格:70~80%
  • 付帯工事費:15~20%
  • 諸費用:5~10%

およそこのように、本体価格以外にも費用がかかってくるのです。仮に3,000万円で家を建てるなら、諸費用だけでも150万円から300万円を見積もっておく必要があるでしょう。

こうした費用も含め、どのような資金計画が自分たちのライフスタイルに最適なのか。

経験豊かな注文住宅会社であれば、1家族1家族にピッタリのプランを提案してくれるはずですので、お金のことだからと遠慮せず、積極的に相談してみてください。

  1. 総費用を知る
  2. 将来の収入予測を立てる
  3. 子どもの進学費用・老後の支出などを資産する
  4. 手元にいくら残し、いくらを投入するかを検討する

こうした手順のもと大まかな計画を建て、詳しいスタッフと詳細を詰めていくようにしましょう。

注文住宅における補助金は?

注文住宅を購入した場合、減税されたり補助金が出たりするケースもあります。

名古屋市で建築・購入した場合についてみてみます。

※2013年8月現在の情報です。終了している場合もあるので、最新情報は要確認してください。

【勤労者住宅資金融資】
愛知県下に居住する勤労者が受けられる融資制度。新築や増改築にあたって、自治体が定めた金融機関から低金利で長期に融資してもらえる。

【住宅ローン減税】
新築・増改築の住居への居住開始から10年間、住宅ローン年末残高の1.0%が所得税から免除される。長期優良住宅は1.2%となる場合も。

【長期優良住宅】
長期優良住宅として認められた住居は、所得税の特別控除や不動産所得税の控除額、登録免許税率、固定資産税適用期間などにおいて優遇措置がとられる。

【愛知県住宅用太陽光発電施設導入促進費補助金】
個人で住宅用太陽光発電施設を導入する際、導入経費の一部を県が負担してくれる制度。最大出力合計が10kw未満などの条件がある。